S660で初ロングドライブ・・・660キロの旅

新潟温泉ツアー

宝川温泉  汪泉閣

②舞子温泉 飯士の湯

③松之山温泉 ひなの宿 ちとせ

④松之山温泉 旅館 明星

法師温泉 長寿館

 

総計 661キロの旅!!

 

四捨五入で奇しくも 660!!

 

まさにビンゴ!!

 

初日   250キロ

二日目  100キロ

三日目  310キロ

 

まさに行楽シーズンで、紅葉狩り真っ盛り。

そんなこと、つゆしらずだったので、関越の渋滞(重体)にびっくり。

練馬から嵐山近くまで渋滞。

お盆やGWもびっくりの渋滞でした。

 

f:id:kamehiroZ:20181106095602j:plain

S660での、ロングドライブの疲労度は、どんなもんかなと・・・

調べてみても、しょせん軽自動車だからという意見と、

ホンダの本気スポーツカーだからという意見と、真っ二つでした。

 

 

いちばんの懸念は、幌を通り抜けてくる音の疲れでした。

 

後は、ミッドシップというエンジン配置における、直進安定性。

 

 

結果は、全く問題なし。

 

渋滞の疲れは、どの車も一緒。

クラッチ操作の足のだるさも、運転直後は少し感じるけれど

ストレッチして、温泉入れば問題なし。

気になっていた音も、エンジンが後ろで、音を置き去りにして

f:id:kamehiroZ:20181106095625j:plain

前に進むからか、交換したエアクリの音がうるさいくらい。

 

直進安定性は、ミッドシップがどうのこうのというレベルになく

微動だにしないほどの安定性でした。

これには、感動。

ホンダディーラーのメカニック素晴らしい。

 

 

三日目に、少しの雨に遭遇しましたが、幌をたたく雨の音は、

意外や意外、上手く抑えられてました。

 

気になったのは、体調などもあろうけれど、

6速で高速を巡行すると眠くなりました。

それは度々あったので、何か原因があるかもしれません。

(寝不足など、旅先のベッドの問題なども含む)

曲がって、スタートして、なんぼなS660なので、高速巡行がつまらないという欠点??

 

 

 

 

ワインディングロードを度々走りましたが、

タイヤの設置性がすばらしく、常に100パーセントの性能を発揮していると感じます。

サスもタイヤも素晴らしい。

僕の技術では、タイヤは一切鳴きません。

もっと、スピード上げてコーナーに入ればとは思いますが、

チキンなハートでは、これ以上無理!

 

f:id:kamehiroZ:20181106095506j:plain

オンザレールとはこのことですかね?

まさに、ピタって感じ。

シートも、もう少しサイドの出っ張りがあればと思いますが、

街乗りでの乗り降りを考えると、充分なサポートです。

 

660キロ旅して、思ったことは、

 

これで、220万なら安い。

 

 

細部に、不満を云う人もいますが、

これはホンダをほめるべきではないかと。思います。

 

一般乗用車にサーキットの論理や法則を持ち込んで話をするのは

お門違いだと思います。

 

一般公道を走る、スポーツカーを名乗るには、

充分すぎるほどの性能と感じました。

 

納車して実質、12日。

すでに1000キロ超え。

 

近々一ヵ月点検です。

 

オーディオ・ナビ以外は不満無し。

 

 

 本当に、運転が楽しい。

 

 

良いよ、S660。

 

 

 

 

 

 2018.11.6                            続く

 

 

 

S660 エアークリーナー交換しました。

実は生まれて初めて、エアークリーナー交換します。

 

NA6の時に、スポーツ用のフィルターに交換しただけ。

それだけに、

 

ドキドキ

 

 

ワクワク

 

 

です。

 

で、遠くはるばる遠く熊本から届いたのは、

 

BLITZのADVANCE POWER AIR CLEANER です。

結構良い値段します。新品だとね。

当然の御中古です、御中古!

 

 

 

f:id:kamehiroZ:20181101004509j:plain

 

ボーイング747のジェット部分ではありません。

 

しかし似てる。

 

f:id:kamehiroZ:20181101004602j:plain

 

後ろだとこんな感じ。

転んで、動けなくなったR2-D2にも似てる。

 

 

f:id:kamehiroZ:20181101004650j:plain

 

 

こんな感じ。

どう見てもボーイング社。

 

純正はというと、こんな感じ。

 

f:id:kamehiroZ:20181101004732j:plain

 

黒いはんぺんか(静岡黒はんぺんか!)かまぼこ。

 

エンジン部分の中で、ナンバーワンなくらい

 

何の興味も持たせないようにしているかのようなデザイン。

デザインじゃないなすでに。

 

まずはこの武骨な、純正エアクリーナーを取り外します。

 

ねじ一本と、ぼこっ!ぼこっと二回音が出れば取れます。

 

取るためには、このような出血が必要です。

 

f:id:kamehiroZ:20181101005119j:plain

 

ちなみに、RH+A型

 

 

この流血騒ぎののちに現れたお姿。

 

 

 

 

 

f:id:kamehiroZ:20181101005316j:plain

 

管だらけ。

ホルモン食べたくなってきた。

 

で、特に困ることなく取り付けると・・・・

 

 

 

f:id:kamehiroZ:20181101005408j:plain

 

 

写真としては、若干飛んでるものの、

装着することによって、絞りまで開けたくなるようなお姿。

 

キラキラしてます。

 

ほぼ使用感無し。

 

ですぐ、試乗!!

 

低速トルクが下がるとのオーナー様のブログ等で表記が見られましたが、

マフラー交換もしていない僕の、フルノーマルS660では、

 

3000回転から4000回転の範囲で、

非常にレスポンスが良くなりました。

特に、2速、3速でのまさにドンピシャの4000回転付近は、

 

 

レスポンス良く、良く反応します。

 

って、同じ意味かい!!

 

トルクが上がってるのかなぁ?

 

それ以外は、低回転域、高回転域は、変化見られず。

あまりに、4000回転あたりが気持ちよく、

5000-6000回転には回さないように走ってました。

 

装着によって、

改悪にはならずに、

 

満足!

 

で、

音は、

耳元で、ダースベーダーが、

はぁ!はぁ!言ってる感じです。

 

吸気の時は、管楽器奏者が深くブレス取ってる感じって言えば、どうだろう。

 

純正の遠くで鳴る感じはなく、

耳元であからさまに鳴ってます。

純正の音で、そのまま大きな音になってくれたらよかったのになぁ!!

 

 

でも、すぐになれそうな予感です。

 

音楽聴くときは、丁寧にアクセルオフすれば、問題なし。(ほぼですけど)

 

評価

 

 

自己満足40パーセント

 

実質効果30パーセント

 

プラシーボ30パーセント

 

 

満足!満足! 

 

 

 

 

2018.11.1                            続く 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、スピーカー交換!!

 

 

昨日は、秦野往復で初日から100キロ走ってきました。

混み混みの行きは、楽しく感じませんでしたが、

帰りの夜間の246は、気持ちよく運転できました。

まっすぐ走るよりも、曲がった方が楽しいです。

高速巡行よりも、信号青からの発射スタートが面白いです。

 

速さも充分だと感じるS660ですが、

ブレーキが秀逸。

ミッドシップということもあり、後ろにエンジンと重心がありますから、

急ブレーキ踏んでも、前につんのめることもない。

ブレーキのファーストタッチから、しっかり効きはじめ、

踏み込み角度に応じて比例してブレーキが効くという、

すんばらしいブレーキ。

最近、7割くらいの角度から、急に効きはじめるブレーキが多い気がする。

 

昨日のことは置いといて、

 

早速、スピーカー交換。

十数年前のアルパインのスピーカー。

f:id:kamehiroZ:20181021211623j:plain

同軸ツーウェイです

まぁ、タンノイだな。

いや違うな。

 

昔のものですので、アルパインが声を奇麗に再現していた時代のものです。

 

今では、ロボットの声のようになってしまいました。

 

アルパイン  6663HD

 

S660だし、商品名にしては6が多すぎな気はするが、良しとしよう。

f:id:kamehiroZ:20181021211925j:plain

 

 

早速、内張りはがし。

f:id:kamehiroZ:20181021212015j:plain

どうなることやら。

 

まぁ、何とかなったのだがな。

 

 

というわけで、明日から、4泊の北海道旅行に行ってきます。

 

まさに、ひっひっひっ!

 

あっ、S660はさみしいことに、お留守番です。

 

そのうちに、ドアの鉄とブチルゴムと鉛がなじんでくることだろう。

 

 

 

2018.10.21                            続く

 

S660 ブルーノレザーエディション 納車!

 

f:id:kamehiroZ:20181021203054j:plain

無事納車。

ちょっとした、バタバタや怒りはありましたが、

無事納車しました。

 

 

土曜日で混むけど、秦野の温泉に行きました。

 

波多野 湯花楽

 f:id:kamehiroZ:20181021204836j:plain

さらっとしたお湯で、すっきりしました。

サウナが、高温、低温、コールドサウナと

面白かったです。

2時間ほど熟睡してから帰ってきました。

 

クーポン使うと意外と安いんだよ。

 

 

2018.10.20                                続く

 

S660試乗備忘録

 

 

S660を計4回試乗しました。

 

A店

まず、αのCVT。白。マイチェン前。

第一印象

アスファルト直に座ってるみたい。

軽自動車にしては速い。

音がちょっと変。(この時は、エンジンなのか、排気音なのか、よくわからず)

運転して楽しい。

自分で運転してる感じ。車に運転されてる感はない。

 

パドルシフト楽しんでくださいと云われるも、苦手で使えず。     

 

なら、6速ご用意くだされ。    ぶつぶつ。

 

f:id:kamehiroZ:20181020003734j:plain

と、こんな感じでした。でも、CVTは無いなと。

 

 

 

次、B店

ブルーノレザーエディション。6速。白。オプションいろいろ。

この、S660がよもや自分のものになるとは、この時は知る由もない。

第一印象。

 

やっぱり低いな。このシート。

CVTより断然速い。

マニュアルでエンジン廻したためか、エンジン音、排気音のチープさが気になった。

内装は、渋くてお気に入り。

なぜか、CVTより足回りが、良い感じ。

『プシュー』がカッコいい。

 

やはり、マニュアルだなと。この時点で購入意思が決まり、

試乗車そのものの見積もりをもらう。

意外とびっくりされずに、事は進む。

 

 

 

 

次、C店(別日)

 

試乗依頼するも、なぜか、モデューロ X  って、おいおい。

 

地下車庫へのスロープで車体がこすらないかの確認作業。

無事にこすらず入る。というか、NC3に比べて余裕で入る。

ホイールベースそんなに変わんないのに、

最低地上高S660の方が低いのに・・・・・??????

 

第一印象。

足固い。  走行距離が少なく、何かぎこちない感じ。

とにかく、足が硬い。

 

箱根で走るのは良いけれど、

箱根までで、疲れてしまいそう。

 

 

固いけれど、柔軟な感じでなく、

ただ固いって感じました。(多分、走りこんでいけばよくなると思いますけど)

 

 

f:id:kamehiroZ:20181020003908p:plain

チタンシフトノブが夏暑そう、冬寒そう。

内装が、やる気満々すぎて、ちょっと気恥ずかしい。

成金不動産屋バージジョンだな。

 

営業が、モデューロXのことを、全く知らない。この人からは買わない。

 

 

 

 

 

 

B店に戻る。ブルーノレザーエディション。6速。白。オプションいろいろ。

 

自由に30分ほど試乗。

 

速い。

 

 

まぁ、剛性に感しては、あるとは感じたものの、スゴイ剛性感!って

書くほどのことは無い。オープンボディの軽自動車にしては、有る。こんな感じ。

 

チープな音には変わりないが、耳が慣れてきたのか、営業さんがいないからか、

エンジン廻し気味になり、頑張ってる音に、それなりに好感。

でも、この時点では、マフラー替えたい気持ち大。

 

市街地だと、なかなか4速まではいかず、しかし、

1速、2速、3速と非常に楽しい。

ロードスター(NAに顕著、NCもその気あり)のように、回転合わせないと

2速に入りづらいとか一切なし。

コンスコン入る。

運転しやすい。

 f:id:kamehiroZ:20181020004107p:plain

後ろ全く見えず。

 

交差点を曲がるとイメージよりも内側に曲がっていく感じ。

AW11(初代MR2)の時のイメージがよみがえる。

 

クイって曲がる。でもステアリングへの圧は、結構ある。

 

小さいので、隣の車を気にしないで運転できる。

 

巷で叫ばれてる、5000回転以上のトルクのなさですが、6000回転くらいまでで、

充分な速度が出たので、私の運転の仕方だと気にならないレベル。

確認のため、廻してみたら、6000回転から上は、確かに廻っているだけ

という感じはする。ネガティブに言えばね・・・

しかし、実用域では何ら問題ないって感じました。

ビートと比べるとって言う感じなのでしょうか?

 

 

 

何しろ速いな。

 

いや速く感じるんだな。

 

ミニをゴーカートフィーリングって云うけれど、そんなもんじゃない。

 f:id:kamehiroZ:20181020010804j:plain

このボルカニックオレンジカラーー大好き

  

(ミニの試乗でいつも感じるのは、

車体の剛性感と最後の見積もりつり上がりで感じるがっかり感)

 

そもそも、ミニでゴーカートって感じたこと無いのよね。

 

S660だと遊園地のゴーカートってこんな感じかなって、

運転手の身体がむき出しじゃ無いところが違うだけ。

 

 

 

こりゃ、楽しいや!!

 

 

で、購入決定。

 

 

 

 

早っ!

 

 

 

 

 

小さいけど、良い車だ。

こんなに、運転すること自体で

ワクワクする車も、めずらしい。

 

 

 

 

 

 

2018.10.19                           続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S660 の                        ナビ・オーディオの問題

そもそもナビが付かない。

まぁ、驚きの事実であります。

今は平成です。

来年は知らないけれど、今は平成。

運転の楽しさに、舵を切ったと

提灯記事は云うけれど、これはまさにホンダの怠慢。

しかも、ディスプレイはつけることが可能。

スマホと連動するのですが、敷居高すぎ。

ナビ機能の評判は、いまいちの様子。

 

2018年のマイナーチェンジで、ナビが付くようになりましたが

20万オーバー

マイチェン前に比べれば、まぁ、付くからいいけど。

僕の、センターディスプレイ付き車にも後付けで、付くとは云うものの・・・

20万の価値は、果たして・・・・

 

だから、みんな、ナビの付け方に四苦八苦です。

 

と、問題山積。

スマホナビで当分は様子見・・・との心積もりです。

 

 

そして、オーディオ。

CDが聴けません。

 

それってすげーぜ!!

3年前のその割り切りはすごい。

賛否両論あろうがこれはこれで、大英断だと思います。

 

 

 

 

ナビがないことも、CDが聴かれないことも、

若い脳みそだからこそ判断できたと思えます。

しかし、ハンコ突くのは、 (ハンコ突く。合ってる?)

初老の域の取締役だろう。

それも素晴らしい。

マツダ同様、風通しの良い会社だと思わせる。

 

余談:

昔のステップワゴンのCMで、Hondaそのものの

ロゴをカラフルにデザインして見せて、広告業界の人を

驚かせていたのも、ホンダのなせる業。

社名のロゴなんて、レギュレーション山盛りだからね、普通。

トヨタではあり得ないのではないか?

 

 

 ホンダの社風をほめてみたところで

不便は不便。

不便極まりない。

便秘ではない。

 

もちろん、USBメモリーで聴くのですが、

これもひと悶着合った。 (自分の中で)

イヴォークで聴いていた、WAVのデータでは無反応。

嫌な予感。

ロスレスが、だめな気がする。

そもそも、そこら辺のことにあまり詳しくない。

だから余計にもめる。

 

容量的に64GBのメモリーもダメ。

 

MP3、WMA、AACなら大丈夫とのことで、

WMPのロスレスでやってみたけど、無反応。

困った。

 

どうにか、メモリーのフォーマットがFAT32でないとだめらしい。

ところまで突き詰めた。

で、Windows10でフォーマット。

でもダメ。

FATなんとかしかない。

FAT32。そのフォーマットでなければ、だめらしい。

でも、Windows10では、そのフォーマット形式がない。(できない)

で、またまた調べ進めていくと、

IOデータのHDDフォーマットの無料ソフトならそれが可能ということが分かった。

 

 

そもそも、64GBをFAT32では、フォーマットできないらしい。

そもそも、Windows10には、FAT32が存在しない。(64GBの場合)

 

しかも、MP3でもWMAでも、最高音質のレートでは、

ホンダさんのオーディオは受け付けないらしい。

 

 

けっ!

 

なんじゃそりゃ!

 

CD聴けないなら、それと同等の音質で聴けるようにしてください。

 

 

 

S660という、走りに特化した車で

オーディオの事だけで、何回もディーラーに足を運ぶ自分も珍しいだろう。

 

 

 

 

 結論その1

(多分)

 

 

 

 

 

32GB以下ならWindows10でも、FAT32でフォーマット可能。

32GB以上ならIOデータのHDDフォーマットの無料ソフトで

FAT32にフォーマット可能。

 

今売ってる、USBメモリーはすべて、

FAT32でフォーマットされて売っているとの記載も発見しました。(未調査)

 

MP3でもWMAでも、最高音質のレートでは、だめとのこと。

 

詳しい方なら、何だそんなことという内容なのだろうけれど、

ここまで行くのに、二泊三日ほど。

 

ホンダ本体に聞いても、ほとんど、マニュアルの域を超えずに、

全くの役立たず。

 

 

納車前にすでに不満が出てますオーディオ関係ですが

後々デジタルシグナルプロセッサー入れて、

デジタル入力させれば、音のクォリティの問題はクリアーだ。

 

 

 

 

結論その2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽を聴く車じゃないってことだ!!

 

 

 

 

 

 

 

オープンを楽しもうよ!!

 

 

 

 

 

エンジンサウンドを聴こうよ!!

 

 

 

 

・・・・マフラー替えたくなるじゃんか!!

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

散々の試聴でわかったこと。

S660のドアの剛性及び体積が大きいおかげか

音は意外といい。

デッドニングして、スピーカーを

昔々のアルパインとか、

イートン、ハーツあたりに換えれば、良いサウンドになりそう。

 

やはり、一発で済む三菱のダイヤトーンサウンドナビはすごい。

 

 

 

 

201810.18                             続く

 

日本に数軒??                  ミッドシップ三台揃い踏み!!!

S660がやってくると、我が家には、

 

 

・・・な、

 

・・・なんと、

 

・・・ミッドシップが三台。

 

当然、全部、ホンダ製。

 

そんなに、ホンダ好きだったっけかなぁ??

 

我が車歴、奇しくもマツダが多い。そのうち六割が、ロードスター

 

ユーノスだったり、マツダだったり・・・・

 

それに追いつく勢い。

 

恐るべし、ホンダ勢力。

 

 

 

1台目

なんとバモス

これも立派な、ミッドシップレイアウト。

しかも、5速、マニュアル。

45馬力くらいしかないし、

タイヤも、オゾンクラックだらけですから、

運転していて、良く曲がるとか、バランスが良いとか、感じたことは無い。

でも、登り坂を、頑張って登ってると、

五千回転くらいから、何となく、頑張ってるサウンドになる。

 

仕事用の車で、

自分で、鉄板という鉄板、隙間という隙間に

遮音材や防音材を貼ったので、雨が降っても、

屋根の『カーン、カーン』や『ポトン!ポトン!』というのが全くない。

そこは、何もしてない、『イヴォーク』より素晴らしい。

遮音材や防音材のおかげで、

シート下エンジンの他の軽のボックスカーの半分以下の騒音だと思う。

 

そして2台目

今度やってくる、S660。

これは、正真正銘スポーツカーだ。

 

ただ、660㏄と排気量が小さいだけ。

 

ロードスターNC3を、スポーティーカーと言わないと、

ポルシェオーナーに怒られるって誰かのブログで読んだ。

そんなもんかね?

充分スポーツカーですけどね。

 

 

そして、問題の三台目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、英語で三文字で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッドシップといえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『PCX』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kamehiroZ:20181017221402j:plain

 

 

えっ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイクですけど?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッドシップやんけ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかのタイヤ2本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうだ参ったか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、125㏄!

 

 

 

 

 

 

 

 

厳密には、原付やんけ!!

 

 

 

 

 気を取り直して、

 

f:id:kamehiroZ:20181017221715j:plain

よく見ると、S660と変わんないじゃん!!

 

まぁ、ホンダミッドシップというと、NSXなわけだが、

 

そんな車高の低い車、我が家の、地下車庫には入らない。

 

というか、買えない。

 

買う気も起らない。

 

 

地下車庫入庫一回で、前後、削れちまう。

 

まぁ、S660とか歴代ロードスターは、幸い地下車庫に入ったんだな。

アクセラは、車庫入れしてみたけど、入りませんでした。(初代アクセラ

やっぱりマツダ好きなんだな。

まぁ、雨風しのげる地下車庫のすばらしさは、またにして・・・・。

いや、一回使ったら地下車庫はやめられないです。

 

では、

 

 2018.10.17                       続く

ひっひっひっ! 10月20日土曜日                     S660 ブルーノレザーエディション 納車!

ロードスター(NC3)とお別れして、2年弱。

 

やはり、いいなぁ

 

コンパクトスポーツ。

 

f:id:kamehiroZ:20181016210158j:plain

 

トイレにずっと置いてあった、S660のカタログ。

 

それにはさまってた、特別仕様車『ブルーノレザーエディション』のぺらのカタログ

ふふふっ、

 

 

f:id:kamehiroZ:20181016210246j:plain

 

やってくるのだ、今週土曜日。

 

ひっひっひっ!

 

f:id:kamehiroZ:20181016210336j:plain

αとは違う、この黒いホイール!!

 

α純正のあの黒とシルバーポリッシュ(?)のガンダムのような

ホイールじゃダメなんだよなぁ!

 

βのホイールの方がまだ好みなんだけど、

買うなら、αだし・・・

 

 

同じガンダムでも  まぁ、黒いガンダムなだけだけどね。

 

 

そして、これよ!これ!

 

 f:id:kamehiroZ:20181016210529j:plain

 真っ黒の内装も悪くないけど、もっとお洒落で、カッコいい!

『渋いぜ!』

『そう、ちょー 渋い!』

 

 

 

そしてこのコクピット

当たり前だが、この渋さの統一性。

 

f:id:kamehiroZ:20181016211049p:plain

 ちなみに、実写のステアリングは一つです。

f:id:kamehiroZ:20181016210715j:plain

 

当然、選んだのは、マニュアルトランスミッションです。

ありがたいことに、サービスで 5速 + 1速の一つおまけ。

 

そう、6速。

 

高速走れってことかい!!

 

 

 

じつは、昨年の11月をもって、受注生産を終えたこの

 

ブルーノレザーエディション。

 

いわゆる、絶版。

 

とある、ディーラーさんの秘密の在庫(試乗車)を、

 

試乗して、即 これ売ってください。

 

『おいおい、家電じゃないんだから!』

 

ってことで、土曜日納車。

 

 

 

また、我が家にミッドシップがやってきた。 (この話は、またの機会に)

 

 

 

 

2018.10.16                              続く

ありがとう。はっちゃん。

 中島みゆきの名曲の『わかれうた』

 

 

途に倒れて 誰かの名を

呼び続けたことがありますか

人ごとに言うほど 黄昏は

優しい人好しじゃありません

 

 

♪♪

別れの気分に 味を占めて

あなたは 私の戸を叩いた

私は別れを忘れてたくて

あなたの目を見ずに戸を開けた

 

別れはいつもついてくる 幸せの後ろをついてくる

それが私のクセなのか いつも目覚めれば独り

 

 

中略

 

 

♪♪♪

恋の終わりは いつもいつも

立ち去るもの だけが美しい

残されて 戸惑う者たちは

追いかけて 焦がれて 泣き狂う

 

別れはいつもついてくる 幸せの後ろをついてくる

それが私のクセなのか いつも目覚めれば独り

 


 

作詞作曲:中島みゆき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人って、涙が止まらないことがあるんだ。

 

この年で、初めて知った。

 

泣くと目が腫れるんだ。

 

弱っちい、ボクサーみたい。

 

格好悪い。

 

 

 

 

この悲しみを、

 

この涙を、

 

どうにかして、喜びに替えろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しみを突き抜けて歓喜

 

ベートーヴェン『第九』のテーマ。

 

そう、シラーの詩。

 

 

 

 

 

 

流した涙の分だけ喜びがやってきた。

 

人との出逢いって、本当に不思議。

 

貴方の真の勇気に感謝します。

 

 

 

 

 

 

 

 さよならだけでも良いから言いたかったんだよ。

 

 

 

 

 

 

でも、ほんとうに

 

 

 

こころから

 

 

 

 

『ありがとう』

 

 

 

 

 

 

もう一度だけ、もう涙は最後、

   

 

 

 

 

 

 

 

は っ ち ゃ ん 

 

 

 

 

  

あ り が と う 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.6.12

『真鶴』 川上弘美

なんでこの本買ったんだっけ?

 

 

真鶴 (文春文庫)
真鶴
川上弘美
 
 

神奈川県民だからじゃない?

真鶴でしょ?

えっ?

湯河原じゃないの?

湯河原の手前だって。

あっそう。

昔、10年くらい前かな、母親と二人で、真鶴行った。

なんで二人きりだったんだろう?

覚えてない。

多分、仕事辞めて、次の仕事までに、

少し間があったんじゃないのかなぁ?

 

湯河原で泊まって、翌日、真鶴の半島目指して伊勢海老食べに行った。

 

電車で行ったか、車で行ったかさえ覚えてない。

ほんとに行ったのかよ?

 

なんたって、刺身が好きな母だった。

子供の頃から、食卓にお刺身がよく昇った。

エンゲル係数高かったと思う。

死んだ、父親も、群馬生まれのくせになのか、

群馬生まれだからなのか、お刺身好きだったよ。

 

あぁ、群馬って海ないんだよ。

 

 

昭和のいい時代だっよ。

一所懸命働いて、うまいもの食う。

それで充分だったんだな。

 

死ぬまでに一回、たらふく伊勢海老お造り食べたいって、

そんで、真鶴半島に行ったのよ。

しかも、もちろん母親を大蔵大臣にしてね。

で、どうだったの?伊勢海老?

 

峠を越えてというか降りていって、少し平坦な道に出て、

そこにあったお店。

そのまま行くと、多分岬に出る街道沿いだった。

 

昼過ぎだったか、お店には、確かに誰もいなかったな。

今にして思えば、

がらんとして、いかにもな、地方の料理屋って感じだったな。

 

調べていったから、お店は悪くないと思ったんだけど、

水槽から出して、刺身にしてくれた伊勢海老は、

びっくりするくらい、美味しくなかった。

 

そういえば、

そもそも、網ですくってくれた記憶がないから、

今まで生きてたのかどうか疑問。

水槽から出してくれたと思ってるだけかも、思い違いか。

解凍で無いにせよ。

どんな、料理過程だったかは、わからないな。

お造りが出てきて、嬉しそうにしてた、母親の顔から、

一分後に、影が刺した。

俺も食べてみたけど。

 

よく、プリプリって言うでしょ?

全くプリプリじゃ無かったんだよ。

なんか、新鮮って感じがしなかった。

 

 

へーっ、

テレビとかでタレントさんが、海辺で伊勢海老のお作りとか食べるじゃない?

世の中で最高の、お刺身だよってな顔して。

うんうん。

あれウソだな。

大して旨くないよ。

お店の宣伝も兼ねて取材してロケしてるから、

タレント的には、美味!最高!って言うお約束でしょ。

 

俺が、店の主人だったら

確かに、一見さんのお客に

生簀か水槽の中の伊勢海老、古いのから出すと思うんだよね。

確かに。

でも、1年も生簀にいないでしょ?

伊勢海老。

もしかして、三年くらいいた老人伊勢海老だったのかなぁ?

でも、網に捕まるくらいだから、活きのいいのは逃げるわな。

 

・・・・

 

 

今日水揚げされた伊勢海老じゃないとしても、

腐ってもなんとかで、今の今まで生きてたんだからさぁ。

そんなに、旨くもないってどうなんだろう?

真鶴の伊勢海老。

それからは、伊勢海老は食べたことないよ。

いくらだったんだろう?

母親が全部出したから、覚えてないけど、お造り五千円はしたと思うよ。

五千円の味じゃなかったな。

鯵のお作りも食べたけど、記憶に残ってないから、

大したことなかったんだと思うよ。

 

それって、明らかに店を選んだ俺の失敗か?

それもあるかな?

やっぱり?

 

 

 なんか悪いことしたよ。

アワビにしとけば良かった。

多分アワビの方が高かったからかなぁ?

それと、鮑は食べたことがあったんで、伊勢海老にしたのか?

その店だったら、なんでも一緒だったかもしれないな。

 

随分後になってから、伊豆旅行で鮑食べたら、コリコリで甘くってね、

旨くってね、

まぁ、鮑って食感を楽しむものだから、

新鮮じゃないとね。

あのアワビは、新鮮だった。

函館で食べた烏賊みたいだった。

 

 

 真鶴かぁ・・・

行ってねぇなぁ・・・

 

湯河原は行くんだけどな。

真鶴には、目的持っては行かないんだよね。

 

まず、通り過ぎる。

そんな記憶があるから、ますます、

通り過ぎちゃうんだろうなぁ? 

 

あくまで、湯河原の手前。

伊豆への途中。ってかんじかな。

 

伊勢海老は勘弁だけど、

まご茶漬けでも食べに、真鶴行ってみようかな。

110年振りかなぁ。

110年?

あっ、間違えた。

10年だ。

そこ、間違えるかい?

 

110年って、人間じゃねぇな。

ははっ、そりゃごもっともだ。

もしかして、110歳の伊勢海老だったんじゃないの?

そりゃァ、身も硬かろうよ。

真鶴の主か?

それ食べちゃったんだ。 

川上弘美だったら、その伊勢海老化けて出るよ。 

 

 

暖かくなったら、真鶴行くか。

今度は違う店で、失敗しないようにアワビにしよう。

アワビかよ!

まご茶漬けって言ってたじゃん。

そうそう、まご茶漬け!まご茶漬け!

うまいぞ、きっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・僕の真鶴は、こんな感じ。

 

 

 

 

川上さんのとは全然違う。

 

 

 

 

 

『真鶴』は、

今まで読んだ川上作品とは異なる。

しかし、この人にしか書けないだろうなっていう雰囲気。

そう、雰囲気。

しかし、雰囲気って大事。

好きか嫌いかっていうと、少し好きくらい。

 

 

 

続く                             2017.2.3