読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『フェーム』

f:id:kamehiroZ:20150106004415j:plain

お正月、『フェーム』観ました。

父の転勤で川崎から群馬に引っ越して、近くにいい映画館がなく、高校の時に、

わざわざ銀座の東劇まで観に行って感動して、一緒に観た彼女と帰りに盛り上がって数寄屋橋の

近くの公園でファーストキスした思い出がって・・・・・・観てないです。嘘です。

数年後の『フラッシュダンス』は、銀座の東劇に本当に観に行きました。

その時、国鉄銀座駅前で一緒に行った生徒会長の孝夫ちゃんがラーメン屋で

いきなり『カレーラーメン』を頼んで度肝を抜かれたのが、あぁ懐かしい。

 

という訳で、『フェーム』は初めてです。

ミュージカルは、特に好きではありません。

フラッシュボムじゃないけどいきなり踊り出したり、恋の囁きだってーのに、突如歌い始めたりとどうもなーってことが多いのです。

まぁ、ディズニー程度ならばアニメということで許せるのですが・・・

 

しかし、名画との誉れ高く未だに名声陰りがありませんので、ブルーレイで購入。のんびりした正月に鑑賞。

 

f:id:kamehiroZ:20150106004424j:plain

↑これは、ポスターかなぁ?!

ブルーレイのソフトを購入するときの指針として必ず『みんなのシネマレビュー』をチェック。

そのレビューに、ドキュメンタリーな作風とあり、見始めて、これほどとは?と感じました。

編集もテンポがいいというよりも細切れに近く、当時としては相当斬新だったのだろうと感じます。

それは特に、冒頭の入学試験のシーン(結構長尺)で顕著です。

入学してからは、ドキュメンタリー・タッチではなくなります

 

しかし、好き嫌いはともかく冒頭から演出の冴えは弛緩することなく、

しかも、要所要所にそれはそれは、素晴らしい『歌』を聞かせてくれます。

 

今回は、ブルーレイ盤。1980年制作としては、粗いところもあるけれど画質はまずまず、

声、ピアノなどは結構良いです。サラウンド感もまずまずです。2015.1.2視聴。

 

有名な、学食が一変してミュージカルの舞台になる『ホット・ランチ・ジャム』など最高な演出!

それにもまして有名な、車のスピーカーから音楽が流れ始め

ストリートでの大演舞の表題作『フェーム』も素晴らしいし、

アイリーンキャラが、ピアノで聴かせる

『アウト・ヒア・オン・マイ・オウン』なども感動もの。

アイリーンキャラ本人のピアノではないと思いますがピアノのタッチ、音色が素晴らしいです。

 

 

f:id:kamehiroZ:20150106004432j:plain

↑ブルーレイ盤

後半少しだれますが、最後は一気呵成に盛り上がり、ベートーヴェン『第九』の如く

尻切れトンボ気味に『ブツっ』と終わります。

 

この終わり方も、監督アランパーカーよくやったなと思いますが、当時物議を醸したでしょうし、

スタッフ内でも賛否あったであろう、僕は、『えっ』と思いました。

 

登場人物が意外に多く、名前を覚えられないまま進んでしまったので、

もう一度見てみたい作品。いろんなことが解決するはず。

80年代の熱気が音楽からも、演出からも、ものの見事に感じ取れます。

アイリーン・キャラの『アウト・ヒア・オン・マイ・オウン』1曲

聴くだけでも価値のある映画だと思います!

 

良い映画です。 おすすめ! アイリーン・キャラ素晴らしい!

 

         続く              2015.1.6