読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CD-15 不調・・・(ちょっとレビュー)

・・・不調です。

トレースすれば最高な音楽をかなでてくれますが、

ちょっとご機嫌斜めです。

 

この人・・・

 

f:id:kamehiroZ:20150202022354j:plain

初期不良で返品しようとも思いましたが、

とりあえず、一年間の保証もあるし、

 

全くかからないこともないから、

少しは置いておくことにしました。

 

D-500X's

LHH-700FT

CD-16

どれと比べても、しっかりした音を出します。

骨格が揺るがないというか、

安定しているというか、

しかし、けっして、硬い音ではありません。

とは言え、柔らかくもないです。

多分に

Marantz  Project  D-1の音が強い影響力を持っているのでしょう。

D-500X'sとLHH-700FTと3機をMarantz  Project  D-1に

接続していますが、

 

D-500X'sは、端正でカチッとしている。

LHH-700FTは、ゆったりとした音楽性が素晴らしい。

それを超えて、CD-15は素晴らしいです。

圧倒的かというと、それほどでもなく、微妙な差なのですが、

音楽が雄大に聞こえるのはやはりCD-15です。

当時のマランツがLHHシリーズに負けないように

開発したとのことも、道理で頷けます。

 

またまた、スイングアーム病から抜け出せなくなってます。

 

あと、気になるのは、

 

クレル MD-1

 

Mark Levinson No.31

 

の2機種だ。

もちろん、どちらもスイングアームCDM4です。

 

     続く                2015.2.21