読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本探し

本を探すとき。

 

①自分の未読の棚から。

②書店で。

③皆様の感想から。

 

最近は、③の皆様からの情報が一番になってます。

 

商売抜きで書いているので、辛辣だったり、べた褒めだったりと、

ある程度、引き算して読まないといけないとは思いますが、

正確な情報としてそこにあります。

 

ミステリーでも、歴史ものでも、

 

コテンパンに書く(批評する)人がいますが、

 

流石によく読んでるなぁと感心する反面、

 

そこまで理解力があると、よほどの本でない限り、

 

『感動』から遠くなってしまうのではないかなと、

 

思います。

 

映画の批評もしかり。

 

曰く

 

『史実と違う』

 

誰の史実だよ! 見たんかい?

 

『つじつまが合わない』

 

解釈の違いじゃないんかい? 感覚の差じゃないの?

 

とか・・・・・

 

僕が、作品、

 

小説だったり、ドラマであったり、映画であったり、音楽であったり・・・・

 

 

一番に、重きを置くものは、

 

 

『面白いかどうか?

 

 

『楽しいかどうか?

 

 

ですかね。

 

いいじゃん。

 

信長が、本能寺の変の後も生きてても。

 

義経が、逃げ延びて、モンゴルに行っても。

 

殺人犯が、空中に浮いてても。

 

家康が、影武者だったとしても。

 

自衛隊が、戦国時代にタイムスリップしても。

 

 

 

 

『楽しきゃいい!』

 

 

 

たかが娯楽・・・・。

 

 

 

 

逆に、楽しめないと損だな。

 

 

 

 

 

悲しいことに、記憶力がびっくりするくらい悪いから、何度でも味わえるしな。

 

 

 

 

 

 

2016.12.21                       続く