読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『不毛地帯』 第4巻 山崎豊子

 

 

1月16日から読み始めた『不毛地帯』も第4巻読了。

 

二日に1冊のハイペース。しかも、1冊平均600ページ。

 

 

面白いことこの上ない。

寝る時間を惜しんでの読書。  

 

 

・・・幸せ。

 

 

しかし、いろいろ感ずることもある。

 

自分は短期間に読んでいるので問題ないけれど、

いかに面白いとは言え、

平成の29年のこの時代にしては、

意外と、

あくまで意外と、

淡々と人間ドラマが進んでいくため、

(今のドラマや小説のように、すぐに殺人事件が起こったりしない)

時間をかけて読むとすると、

専門知識、専門用語など多く、

読み始めるたびに、

多少遡らなければならなく、

億劫になってしまうかもしれない。

 

面白いから、そんなことないのかな?

 

 

 

第4巻で気づいたことは、

 

 

不毛地帯 第4巻 (新潮文庫 や 5-43)

 

 

主人公の隠岐正が、何ページにも渡り名前さえ出てこないことがあったこと。

今まではなかったように感じます。

それだけ、ほかのキャラクターが育ってきたということか?

 

 

 

そして疑問も、

 

近畿商事、否、商社という企業は、どれだけの

交際費、接待費を使っているのか?

作品では、さもありなんですが、

料亭で一席設けたら、何万円、

芸者絡みなら、何十万円・・・・・

成功の暁には、それだけでかいカネが動くってことか?

 

そもそも合併の成功させたら、

仲介手数料を貰うんでしょうか?

 

失敗したら、なんにも出ないってこと?

 

 

 

 

あと、東京商事の鮫島は、本当は10人くらいいる?

どこにでも出てくるよね。

ドラマでの遠藤憲一さんが頭から離れません。

 だって、外国での国際線のロビーで、

そんなに出くわすかなぁ?

銀座のバーで、しょっちゅう会うのは理解できます。

 

エンケンさん10人もいるの?  商社だしね。

 

 

 

千里は、竹内結子さんのイメージで読んでます。

ドラマでの小雪の顔が、どうしても能面のようで苦手だから。

 

 

唐沢寿明演じた隠岐正は、

僕の脳内で、松重豊に置き換わってしまい。

時々、自分で読んでいて、笑ってしまいます。

「不毛地帯」の画像検索結果 

僕にとっての主人公 隠岐 正 演じる 怪優 松重豊さん

 

 

 

あと600ページになってしまいました。

いわゆる、『不毛地帯』ロスにならないといいけど。

 

 

今日も睡眠不足。

 

 

 

 

続く                           2017.1.22