読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好みの車がなかなか無い

 

 良いタマがないとかではなく、そういった商品自体がない。

 

オレンジのマニュアルで剛性感高く、そこそこの値段。

思いつくのは、フィットのRSか!

しかしあのオレンジは、オレンジじゃないな!

11月にとろけてぶら下がってる渋柿みたいだ。

ちょっと渋すぎ、もう少し若々しい色がいいなぁ。

9月になって、フィアット500に試乗しました。

試乗車は、もちろんATでしたが、剛性感高く、思ってたよりは

室内広く、力もあってなかなかいい感じでした。

でも、何か、コレといった魅力にかける。

その漠然としたものが、車選びでは一番重要なのだと思います。

なんとなく感じた事、それは、ドアの開閉音、ステアリング位置、シート形状、

トルクの幅、ノイズの大小、視界の差異・・・一連の漠然とした動作の中で、

僕のつたない脳みそは必死に点数をつけているのだと思います。

 

まぁ、普通に70点か!

 

  次に、ゴルフに乗りました。

さすがに剛性感高くすべてがカチカチとした感じで、素晴らしいとは思いますが、

適当で大雑把な性格な僕にしては、窮屈な感じすらします。しかし、その魅力は、

売れているだけの事は有りステイタスやリセールバリュー、5年乗った時の状態など

考えると多少の部品や工賃の高さなど考えさせずに購入まで持って行かせるだけの

説得力がそこにはあります。スポーツカーではないけれど『コクピット』を思わせる

包み込まれるようなドライバー席の雰囲気は素晴らしいです。

 

  次に、サイズとしてはこっちが好みのポロ試乗

・・・多分ブラインド試乗(そんなことありえないけど)したら僕のような素人には

わからないような、ゴルフと酷似した乗り心地。低速での力が車重の差なのかポロの

ほうが強く感じました。

多分似た感じは、ボディや内装雰囲気からくる感覚なのでしょう。

僕には、A4用紙をB5にコピーしたゴルフのように感じました。

(これは、賛辞ですので誤解のないように)

普通(これが難しい)ポロを選んでおけば全てハッピー(無難)だなと思いました。

以下、

千葉の県立高校ではまずまずの成績、千葉大志望も失敗。一浪して2流私立大経済学部学、

勉強もせずにバイト三昧。留年はなどうにかまぬがれてなんとか人が聞いても知ってる

名前の企業の横浜営業所に就職し配属。

大学からだらだら付き合っていた彼女と強引にせがまれて横浜の小さな教会で結婚。

4年して長女が生まれて、その頃には係長になって年収もなんとか500万の大台に。

家族が三人になったのを機に小さいながら一軒家を購入。ローン35年。

今の生活水準を保つには子供はやっぱり一人か?妻ともよく話し合った。

郊外の一軒家、駅からバス15分、可愛い一人娘にピアノを習わせ3歳年下の妻は、

いわゆるアラフォーとはいえ、体型も崩れてなく頑張ってるほうだと思う。

月14万のローンは大変とは云え、妻もサイゼリアのパートに出て家計を助けてくれる。

今の心配事は、来年の課長昇進試験と娘の進学。そして少し出てきたお腹、

消費税がアップしたとは云え、今年の昇給分でなんとかまかなえ、第3のビール

発泡酒じゃなくて、毎日エビスの500缶を呑めるのは至上の喜びである。

今乗ってる、フィットも、来年車検だし、ゴルフやポロはえらく評判いいし消費税が

また上がる前に思い切って買おうか!

『いいけど、父さん、エビスは毎日じゃなく、二日に一本だよ』

『そのくらい我慢するよ』『あははははっ』

 

ソンナ『普通』ノヒトニワタシハナリタイ。

 

 

僕は、そんな人じゃなくていいです

 

やっぱり、

マニュアルでお願いします。

 

                         続く 2014.9.15